中小企業の経営支援なら辻国際税理士事務所【TSUJITAX】 

経営革新等支援機関の認定を受けた提案型国際税理士事務所です。英語、中国語対応。03-6407-8648

資本政策 

資本政策とは、会社の株主構成を計画し、戦略的に発行株式数を増加する(資金調達する)ことをいいます。

株式公開の為の公開基準を満たすように計画することはもちろんですが、財務戦略と利益計画を考慮しながら、自社が市場に高く評価されるために、中長期的な発想が必要になります。

目黒区 辻税理士事務所
IPO | permalink | - | -

主幹事証券会社 

証券取引所での株の売買は、証券会社しかできません。新規に公開する会社の発行する株式の引受業務を行う証券会社を幹事証券会社といいます。このうち市中心的に株式を引き受けて、証券取引所の審査にアドバイスなどをする会社を主幹事証券会社といいます。

IPOにおいて最も重要なのがこの主幹事証券会社です。

目黒区 辻税理士事務所
IPO | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

上場の審査基準 

会社が上場するためには、証券取引所に、上場を申請し、証券取引所の上場の審査を受けなければなりません。

この審査には、形式基準と実質基準があります。

形式基準とは、利益の額、純資産、時価総額、最低公開株式数、株主数、監査証明期間などが具体的な数値により最低条件を満たしているかの基準です。

実質基準とは、各証券取引所ごとに、その会社が上場した会社として適正かどうかさまざまな角度から確認する基準です。

目黒区 辻税理士事務所
IPO | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

株式公開のデメリット 

株式を公開するデメリットは以下のようなものがあります。

・株主総会の運営対策が必要となります。
・株式を買い占められるリスクがあります。
・情報開示する義務が発生します。
・情報開示するコストが発生します。
・会社が公になることで社会的責任も増加します。

目黒区 辻税理士事務所

IPO | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

株式公開のメリット 

株式を公開するメリットは以下のようなものがあります。

・会社の知名度と信用力が上昇します。
・資金調達力が増大します。
・優秀な人材が確保できます。
・内部管理体制を強化できます。
・社員の士気が上昇します。
・経営者の創業者利潤を実現できます。

目黒区 辻税理士事務所
IPO | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

株式公開とは 

公開する前の会社は、オーナーやオーナーの身内のお金だけで会社を運営しております。会社が大きくなると銀行などから借り入れをして会社を大きくします。さらに会社を大きくするときに資本市場から資金を調達する方法があります。資本市場とは、株式を売買する人が出会う場です。具体的には、会社の資本金として投資家から資金を調達してもらいます。資本市場で、不特定多数の人がその会社の株式を購入できるようになることを株式公開といいます。

目黒区 辻税理士事務所
IPO | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 士業ブログへ