中小企業の経営支援なら辻国際税理士事務所【TSUJITAX】 

経営革新等支援機関の認定を受けた提案型国際税理士事務所です。英語、中国語対応。03-6407-8648
<< 平成22年度改正税法―中小企業の法人税軽減税率引下げの見送り | main | 平成22年度改正税法―100%グループ内の法人間の寄附 >>

美容整形業における差入保証金の処理

美容整形業を開業するときにビルなどを賃貸することとがあります。そのときに支払う差入保証金の処理方法ですが、契約書を確認して判断することになります。契約満了時に返還される金額が未確定であれば、確定するときまで資産に計上することになります。契約締結時に返還されない金額が確定しているときは、その返還されない部分は繰延資産として償却することになります。

目黒区 辻税理士事務所
美容整形の会計、税務 | permalink | - | -
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 士業ブログへ