中小企業の経営支援なら辻国際税理士事務所【TSUJITAX】 

経営革新等支援機関の認定を受けた提案型国際税理士事務所です。英語、中国語対応。03-6407-8648
<< 日本に住んでいる外国人に国外財産調書の提出義務があるか | main | 上場企業の上場契約違約金の取り扱い >>

総合主義と帰属主義

Q:国際税務で使用される総合主義と帰属主義はどのようなものですか?

A:総合主義というのは、外国法人等が日本国内にPE恒久的施設があるときに、PEの国内源泉所得であるか否かにかかわらず、その国内源泉所得のすべてに課税することをいいます。
帰属主義は、PEに帰属する所得にのみ国内源泉所得として課税することをいいます。
日本では、外国法人に対する課税が日本国内では総合主義、租税条約が帰属主義とされており、今後、すべてを帰属主義にすることが検討されております。

お問合せフォーム(ここをクリックされてください)

目黒区 辻税理士事務所 国際税務 
 

国際税務、会計等お役立ち情報 | permalink | - | -
人気ブログランキングへ にほんブログ村 士業ブログへ