中小企業の経営支援なら辻国際税理士事務所【TSUJITAX】 

経営革新等支援機関の認定を受けた提案型国際税理士事務所です。英語、中国語対応。03-6407-8648
<< 所有権移転外リースにより蛍光灯型LEDランプに交換したとき | main | 海外旅行社に対する日本でのパックツアーは輸出免税になるか >>

平成30年度税制改正大綱

平成30年度税制改正大綱より中小企業に関係するものを下記にまとめました。まだ確定ではないのですが、与党多数のため、このまま法案が通る可能性が高いです。

 

(1)所得拡大促進税制の改組

所得拡大促進税制の要件等が変更されました。国内設備投資や教育訓練費が加味されることになりました。

 

(2)情報連携投資等の促進に係る税制の創設

生産性向上の実現のための臨時措置法(仮称)の革新的データ活用計画(仮称)の認定を受けて、ソフトウェアを新設又は増設した場合に、税の優遇が受けられることになりました。

 

(3)租税特別措置の適用要件の見直し

大企業が要件を満たさない場合に税額控除が受けられなくなる制限がかかりました。

 

(4)給与所得控除の見直し

控除額が一律10万円引き下げられました。また給与所得控除の上限額が適用される収入金額が850万円となりました。

 

 

お問合せフォーム(ここをクリックされてください)

 

 

平成30年度改正税法 | permalink | - | -
人気ブログランキングへ にほんブログ村 士業ブログへ