中小企業の経営支援なら辻国際税理士事務所【TSUJITAX】 

経営革新等支援機関の認定を受けた提案型国際税理士事務所です。英語、中国語対応。03-6407-8648
<< 自販機収入があったときの簡易課税の区分 | main | 二か所社宅を借りたときの自己負担の計算 >>

パーティに参加したときの5000円以下交際費の判断

Q:当社は上場企業です。社員が同業団体のパーティーに参加しております。会費5300円ですが、当社から無料で参加させていただいているものもおります。このような場合、5000円以下の交際費の判断をどのようになるのでしょうか?

 

A:5000円以下交際費の判断は、個々に負担した金額でなく、飲食費の総額を参加人数で除した金額が5000円以下かどうかで判断されます。主催者側が今回の飲食費総額を通知していない場合には、一人当たりの費用の金額がおおむね5000円程度に止まると想定されたときには、5000円以下として認められます。本件の場合、開催場所、提供食事の内容、参加人数を計算して一人おおむね5000円程度以下であれば、5000円以下交際費として認められると考えます。

 

 

お問合せフォーム(ここをクリックされてください)

 

 

会社まわりの法人税 消費税 Q&A | permalink | - | -
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 士業ブログへ