中小企業の経営支援なら辻国際税理士事務所【TSUJITAX】 

経営革新等支援機関の認定を受けた提案型国際税理士事務所です。英語、中国語対応。03-6407-8648
<< 社員旅行のキャンセル料 | main | 会社役員賠償責任保険の税務上の取り扱い >>

海外法人と契約書を締結したときの印紙の有無

Q:当社は、今回海外法人と請負契約を締結することになりました。契約書を当社で二通作成し、署名捺印したうえで海外法人に郵送し、先方でサインしていただき一通を返送する場合に印紙は必要となりますか?

 

A:印紙は必要ありません。契約書は両者の署名がそろったときが作成の時となり、本件は、海外にて両者の署名がそろうことになります。したがって文書の作成場所が海外となり、日本の印紙税は課税されません。

 

 

お問合せフォーム(ここをクリックされてください)

 

会社まわりの法人税 消費税 Q&A | permalink | - | -
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 士業ブログへ