中小企業の経営支援なら辻国際税理士事務所【TSUJITAX】 

経営革新等支援機関の認定を受けた提案型国際税理士事務所です。英語、中国語対応。03-6407-8648
<< 来年1月から開始される国際観光旅客税 | main | 銀行に要求された収受印が押印された法人税申告書 >>

売上先と仕入先の計上基準が異なる場合の消費税税率の判定

Q:当社は、卸売業をおこなっております。商品を仕入れるときに仕入先は出荷基準を採用しております。当社は検収基準にて仕入の計上をしております。消費税引き上げの2019年10月1日をまたぐときに、どちらの基準に応じて消費税の判断をしますか?

 

A:売り手側である仕入先の出荷基準にあわせて消費税の判断をすることになります。

 

 

お問合せフォーム(ここをクリックされてください)

会社まわりの法人税 消費税 Q&A | permalink | - | -
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 士業ブログへ