中小企業の経営支援なら辻国際税理士事務所【TSUJITAX】 

経営革新等支援機関の認定を受けた提案型国際税理士事務所です。英語、中国語対応。03-6407-8648
<< 美術品を減価償却資産にするかどうかの判定 | main | 税務調査で準備する書類 >>

委託販売と消費税増税

Q:当社は販売代行業者として、農家などから販売代行を受託しており、売上から販売手数料を差し引いた金額を課税売上とする純額処理を採用してきました。2019年10月からの消費税増税により、飲食料品8%のものとその他のもの10%が混在することになりますが、純額処理はそのまま継続できますか?

 

A:受託している商品の中に軽減税率が適用されるものがあれば、2019年10月1日以降純額処理は採用できず、総額処理が強制適用されます。受託している商品の中に軽減税率が適用されるものがなければ、純額処理はそのまま継続できます。

 

メールでのお問い合わせ

会社まわりの法人税 消費税 Q&A | permalink | - | -
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 士業ブログへ