中小企業の経営支援なら辻国際税理士事務所【TSUJITAX】 

経営革新等支援機関の認定を受けた提案型国際税理士事務所です。英語、中国語対応。03-6407-8648
<< 年末調整の電子化とは | main | 法人の消費税の確定申告期限が延長されることになりました >>

2019年10月1日以降発行の請求書はどのように書いたらいいか

Q:当社は法人です。2019年10月1日以降に消費税の軽減税率が導入されたとのことですが、請求書の書き方について従来の違いはありますか?

 

A:従来の記載事項(請求書発行者の氏名又は名称 、取引年月日 、取引の内容 、対価の額 、請求書受領者の氏名又は名称)に加えて軽減税率の商品・製品がある場合には、「軽減税率の対象品目である旨」が追加され、消費税税率が混在する場合には、「 税率ごとに合計した税込対価の額」が追加される記載事項となります。

 

メールでのお問い合わせ

 

 

会社まわりの法人税 消費税 Q&A | permalink | - | -
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 士業ブログへ