中小企業の経営支援なら辻国際税理士事務所【TSUJITAX】 

経営革新等支援機関の認定を受けた提案型国際税理士事務所です。英語、中国語対応。03-6407-8648
<< E-taxの申告でEl-taxの番号を入力するようになった意味 | main | 新型コロナにより固定資産税が減免される条件 >>

東京都感染拡大防止協力金の収益計上と雇用調整助成金の収益計上時期

Q:当社は法人で5月決算です。5月中に東京都から感染拡大防止協力金の支給決定の通知を受けたのですが、実際に入金となったのは6月になってからでした。このような場合、5月決算の収益として計上する必要がありますか?また雇用調整助成金についてはどうでしょうか?

 

A:5月で収益計上する必要があります。協力金の支給決定の通知を受けた時点で入金されることが確定するためです。一方雇用調整助成金については、通達(2-1-42)に雇用保険法等の給付金については原因となった休業日等の属する事業年度の収益になると記載されているため、支給決定がなくても見積もり計上して収益計上する必要があります。

 

メールでのお問い合わせ

 

 

会社まわりの法人税 消費税 Q&A | permalink | - | -
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 士業ブログへ