中小企業の経営支援なら辻国際税理士事務所【TSUJITAX】 

経営革新等支援機関の認定を受けた提案型国際税理士事務所です。英語、中国語対応。03-6407-8648
<< 都内の若手弁護士様募集いたします。  | main | 新会社法37 有限会社から株式会社へ変更  >>

新会社法36 決算公告2 コスト比較 

33でご説明しました決算公告の種類とコスト比較をいたします。

1)新聞 十数万円
2)官報 数万円
3)HP ほぼゼロ(登記が必要)

HPの場合には、貸借対照表の要旨ではなく、すべてを記載しなければなりません。(大会社では損益計算書も記載しなければなりません)

目黒区 辻税理士事務所
新会社法 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする









人気ブログランキングへ
にほんブログ村 士業ブログへ