中小企業の経営支援なら辻国際税理士事務所【TSUJITAX】 

経営革新等支援機関の認定を受けた提案型国際税理士事務所です。英語、中国語対応。03-6407-8648
<< 平成18年度改正税法まとめ 法人編  | main | 配当所得と配偶者控除  >>

確定申告特集7 平成18年分確定申告 改正点 

18年分確定申告で税額に影響する主な改正点は以下のとおりです。

・定率減税が引き下げられました。
これは、平成17年度分まで税金の20%を減税されていたのですが(最高25万円)これが平成18年度分から10%に引き下げれられました。(最高12万5千円)
・寄付金控除の足きり金額が1万円から5千円に引き下げされました。
・青色の個人事業者の方は、取得価格30万円未満の資産を一括して必要経費に算入できる規程が平成20年3月末まで延長されました。ただし年間300万円以内となりました。
・青色の個人事業者の方は、使用人の方に対する教育訓練費が増加したときに税金が安くなる制度が創設されました。
・平成18年4月1日から平成20年12月末までに、居住用建物の耐震改修した場合に一定の要件を満たせば税金が安くなる制度が創設されました。

目黒区 辻税理士事務所
平成18年分確定申告 特集 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toshi.tsujitax.com/trackback/544632
この記事に対するトラックバック
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 士業ブログへ