中小企業の経営支援なら辻国際税理士事務所【TSUJITAX】 

経営革新等支援機関の認定を受けた提案型国際税理士事務所です。英語、中国語対応。03-6407-8648
<< ほとんど土地しか資産のない会社の株を売却したときの税  | main | 源泉徴収とは  >>

キャッシュ・フロー計算書 

今回は、キャッシュ・フロー計算書(以下CF)について説明させていただきます。CFとは、簡単に言えば、会社から見てお金の出入りを計算書にしたものです。 損益計算書(以下PL)の上で黒字であっても、過大在庫や、過剰な設備投資により、会社のお金がなくなってしまえば、倒産することになります。これは、お金が在庫や有形固定資産に代わることにより、売上に貢献するまでは、費用とはならないので、PL上には、わかりずらくなってしまいます。
そこでCFによりお金の動きをチェックする必要が生じてきました。

CFは、上場企業では作成が義務づけられておりますが、中小企業では、任意となっております。

CFは、お金の流れを以下の3つに分類して分析されます。

営業活動によるCF:
会社の主な営業活動から生じるお金の出入りのことです。

投資活動によるCF:
将来収益を獲得する目的から生じる投資活動から生じるお金の出入りのことです。具体的には、固定資産の取得や売却、有価証券の取得や売却などがあります。

財務活動によるCF:
会社の資金調達活動から生じるお金の出入りのことです。具体的には、借入金社債、増資、配当金などがあります。

一般的には、営業活動によるCFがマイナスになっていると本業で稼げていないので、経営的に問題があるのではと考えられます。

目黒区 辻税理士事務所
ズバリ解決!経理のツボ!! | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toshi.tsujitax.com/trackback/799428
この記事に対するトラックバック
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 士業ブログへ