中小企業の経営支援なら辻国際税理士事務所【TSUJITAX】 

経営革新等支援機関の認定を受けた提案型国際税理士事務所です。英語、中国語対応。03-6407-8648
<< 平成20年分確定申告 所得控除 | main | 平成20年分確定申告 所得税の税率 >>

平成20年分確定申告 税額控除

個人の方のための平成20年分の確定申告の税額控除についてまとめたものをご紹介します。税額控除というものは、一旦仮に税金の計算をして、その税額から引ける控除です。直接税額から引けるので所得控除よりは効果が大きくなります。

・配当控除:配当金をもらったときに、この配当金を他の所得と合算して確定申告すると一定の金額が控除できます。最大で配当所得金額の10%。
・電子証明書等特別控除:E-TAX(インターネット)にて確定申告すると平成19年分または平成20年分どちらか一回に限り5000円控除できます。
・住宅耐震改修特別控除:一定の計画区域内において自分が住んでいる家屋に一定の耐震改修をした場合に、その耐震改修に要した費用の額の10%相当額(最高20万円)が控除できます。
・住宅借入金等特別控除及び特定増改築等住宅借入金等特別控除:住宅ローン等を利用して住宅を新築や購入又は増改築等をして、平成20年12月31日までに居住の用に供した場合で一定の要件に当てはまるときに、借入金残高を基とした計算の金額を控除できます。
・政党等寄附金特別控除:政党又は政治資金団体に対する政治活動に関する寄附金で一定のものについては、寄附金控除として所得控除の対象になるか、一定の計算式により税額控除できます。

目黒区 辻税理士事務所
平成20年分 社長のための確定申告 | permalink | - | -
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 士業ブログへ