中小企業の経営支援なら辻国際税理士事務所【TSUJITAX】 

経営革新等支援機関の認定を受けた提案型国際税理士事務所です。英語、中国語対応。03-6407-8648
<< 平成20年分確定申告 住民税の税率 | main | 社長の死亡保険金 >>

ホームページ制作費、データベース制作費、SEO費用

Q:ホームページ制作費、データベース制作費、SEO費用についてどのように処理したらいいか教えてください。

A:HPの作成費用を資産として計上するかどうかは、基本的にそのHPの利用期間が1年を超えるかどうかにより判断します。(この場合、繰延資産若しくは長期前払費用として使用期間で均等に費用化)
またそのHPの作成費用の中にソフトウェアに該当する部分(自社のデータベースにアクセスできる機能や自社商品を検索する機能を有するような高機能など)が含まれている場合には、無形固定資産のソフトウエアに該当し、5年間で均等に減価償却をします。

SEO費用については、コンサルタント会社に支払う役務提供の対価であり、HPそのものとは異なるため、役務提供を受けた時の費用として処理します。

目黒区 辻税理士事務所
会社まわりの法人税 消費税 Q&A | permalink | - | -
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 士業ブログへ