中小企業の経営支援なら辻国際税理士事務所【TSUJITAX】 

経営革新等支援機関の認定を受けた提案型国際税理士事務所です。英語、中国語対応。03-6407-8648
<< 行方不明の貸付金 | main | 役員の給与改定時期 >>

確定申告が必要な社長

確定申告が必要な社長は次のような方です。

・役員給与の収入金額が2,000万円を超える方

・役員給与を1か所から受けていて、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く)の合計額が20万円を超える方

・役員給与を2か所以上から受けていて、年末調整をされなかった給与の収入金額と、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く)との合計額が20万円を超える方

・同族会社の役員やその親族などで、その同族会社から給与のほかに、貸付金の利子、店舗・工場などの賃貸料、機械・器具の使用料などの支払を受けた方

・役員給与について、災害減免法により源泉徴収税額の徴収猶予や還付を受けた方

目黒区 辻税理士事務所
平成20年分 社長のための確定申告 | permalink | - | -
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 士業ブログへ