中小企業の経営支援なら辻国際税理士事務所【TSUJITAX】 

経営革新等支援機関の認定を受けた提案型国際税理士事務所です。英語、中国語対応。03-6407-8648

清算手続き中の100%子会社の株式評価損

Q:当社は、グループ子会社(100%)を所有しておりますが、業績不振により清算手続き中になっております。この子会社は債務超過になっており、この子会社の株式について評価損を計上し税務上損金となることはできますか?

 

A:損金とすることはできません。100%子会社が清算した場合には、その子会社の繰越欠損金を親会社が引き継ぐことができるため、株式評価損は認められておりません。

 

 

お問合せフォーム(ここをクリックされてください)

会社まわりの法人税 消費税 Q&A | permalink | - | -

二か所社宅を借りたときの自己負担の計算

Q:当社は、役員へ社宅を貸しているものがおりますが、1年間の転勤により単身赴任となり、やむを得ず二か所社宅を貸すことになりました。役員へ社宅を貸す場合に、小規模かどうかで自己負担の計算方法が異なるそうですが、二か所貸す場合にはどのようになりますか?

 

A:小規模に該当するかどうかは、個々で判断することはなく、二か所社宅の合計の床面積により、小規模に該当するかどうか判断されます。

 

 

お問合せフォーム(ここをクリックされてください)

会社まわりの法人税 消費税 Q&A | permalink | - | -

パーティに参加したときの5000円以下交際費の判断

Q:当社は上場企業です。社員が同業団体のパーティーに参加しております。会費5300円ですが、当社から無料で参加させていただいているものもおります。このような場合、5000円以下の交際費の判断をどのようになるのでしょうか?

 

A:5000円以下交際費の判断は、個々に負担した金額でなく、飲食費の総額を参加人数で除した金額が5000円以下かどうかで判断されます。主催者側が今回の飲食費総額を通知していない場合には、一人当たりの費用の金額がおおむね5000円程度に止まると想定されたときには、5000円以下として認められます。本件の場合、開催場所、提供食事の内容、参加人数を計算して一人おおむね5000円程度以下であれば、5000円以下交際費として認められると考えます。

 

 

お問合せフォーム(ここをクリックされてください)

 

 

会社まわりの法人税 消費税 Q&A | permalink | - | -

自販機収入があったときの簡易課税の区分

Q:当社は、今期消費税の計算は簡易課税になります。自販機による雑収入については、みなし仕入率がどの区分になりますか?

 

A:形態ごとに区分が異なります。自動販売機を自社で設置して販売する場合には第二種事業になります。業者がおこなっており、設置料を得る場合には第五種事業となります。

 

お問合せフォーム(ここをクリックされてください)

 

 

 

会社まわりの法人税 消費税 Q&A | permalink | - | -

スピンオフのわかりやすい資料

Q:当社は、今度営業事業部を別会社にし、経営的に独立させようと計画しております。このスピンオフについてわかりやすい資料はありますか?

 

A:下記経済産業省のHPによりスピンオフ活用の手引きが公開されております。

http://www.meti.go.jp/press/2017/03/20180330004/20180330004.html

 

 

お問合せフォーム(ここをクリックされてください)

 

会社まわりの法人税 消費税 Q&A | permalink | - | -

個人事業から法人成りしたときの資産移転

Q:私は、個人事業で小売業を経営しておりましたが、法人化して株式会社にて経営することになりました。個人事業のときに所有していた商品や減価償却資産を法人へ譲渡する場合に、その売価はどのようになりますか?帳簿価格で売却していいのでしょうか?

 

A:帳簿価格での売却は認められず、原則、時価を基にして算定します。商品の場合には、通常販売する価額となり、減価償却資産はその中古資産の時価となります。

 

 

お問合せフォーム(ここをクリックされてください)

会社まわりの法人税 消費税 Q&A | permalink | - | -

法人で仮想通貨を所有していたときの取り扱い

Q:当社は、法人で仮想通貨を所有しております。この場合、売買目的有価証券などと同様に期末で時価評価損益を計上する必要はありますか?

 

A:現状のところ、期末で時価評価損益を計上する必要はありません。税務上、時価評価が要される資産については、法令上で限定列挙されており、仮想通貨はそれに含まれておりません。

 

 

お問合せフォーム(ここをクリックされてください)

会社まわりの法人税 消費税 Q&A | permalink | - | -

使用人兼務役員やみなし役員の子は所得拡大促進税制の対象になるか

Q:当社は、同族会社で使用人兼務役員がおり、その子も当社の社員です。また当社の顧問であり税務上のみなし役員がおりますが、その子も当社の社員です。その子らに対して支給した給与は、所得拡大促進税制の対象になりますか?

 

A:いずれも所得拡大促進税制の雇用者給与等支給額には該当しません。法人の役員、役員の特殊関係者、使用人兼務役員及びみなし役員は国内雇用者に含まれないことになります。

 

 

お問合せフォーム(ここをクリックされてください)

会社まわりの法人税 消費税 Q&A | permalink | - | -
人気ブログランキングへ にほんブログ村 士業ブログへ